就労支援:「受かる」の気持ちにチャンスが来る!



「ハローワークに行くときは、スーツで行ってください」
といった私に、

「うちの子、また落ちますよ。どうせ受からないでしょ?
だから、スーツじゃなくてもいいでしょ?」
といったお母さん。

「じゃあ、就職支援は、しないっていうことでいいですか?」
と、私。

お母さんの顔色が変わりましたね。

この、「受からない」は、
受かりたいという気持ちではありながら、
何度も受けてきて、落ちている。
だから、またどうせ受からないでしょ?
の気持ち。

ご家族に、受かるつもりがないなら、
ご本人は、それ以上に受かると思わないでしょう。

今は、就職の準備なんだよ。
という姿勢は、その方に関係する私たち支援者全てが、
その方向性で進まなければ、
得られる結果も得られません。

受からないかもしれないと思いながら、
受けるのではなく、
受かるために受けるのです。

ご家族で、どちらの方向に見るのかによっては、
お家で「どうせ受からない」と
いう態度になっている場合もありますね。

それはだめですよ!
気持ちも負けてしまっていることになります。

もちろん、受からないこともあるかもしれませんが、
最初から、受からないを想定するべきではありません。

受かるために、受ける。
受かるために、準備をする。

受かるために準備をしなければ、
就職試験の際にも、
どうせ受からないでしょ?という顔になります。
だから、チャンスを逃しやすくなります。
親御さん同席の試験もあるようですし、
見られていますよ。

私は、この子を、御社で働かせたいのです!
そういう気持ちになるべきなのです。

受からないと本当に思うなら、受けさせないでください。

受かるために、なにをするか。
そういう気持ちで、
ご家族一体となって、就職準備を
していきましょう!

受かる!受かる!受かる!と、何度も口にしてみてください。
あなたの気持ちが変わってきますよ。

「うちの子は受かるぞ」と思った人にしか、
チャンスは訪れないことをお忘れなく!

最新セミナー情報 等

――――――――――
現在はありません
――――――――――

***************

お役に立てましたら、
ランキングをクリック!
よろしくお願いします!


障がい者 ブログランキングへ

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください