集団の中で「個」への視点を持つ



個別支援計画を作る上で
大事にしているのは、
その人のニーズです。

もともとその人は障害がなければ、
あなたの施設を利用しなかったですよね?

私たちは、好きな場で好きな仕事や活動をしますが、
障害がある人の多くは、支援者がいるところに行き、
集団の支援をされることが福祉の現状です。

でも、そこを利用する人は、
みんな同じ人生なのではなく、
個々それぞれ、違う人生なのです。

私たちを例にすれば、私と幼稚園が一緒だった人が、
幼稚園(保育園)から、同じ学校を通り、
同じ仕事の同じ部署につくことはほとんどありません。

ですが、知的障害がある人の中には、
同じ療育センターに通って同じ学校に行って、
同じ施設で、何十年も一緒に過ごすという人もいるのです。

あなたはそういう生活を望みますか?
望まないと思います。
だから、その時点で、ある意味異様なことなのです。

施設の中には、仲が悪い人同士もいたりします。
それでも、他の施設に移るどころか、
我慢を強いられることもあります。

そのような施設での生活は、
集団でいることが常で、
私たち支援者は、
その集団のサービスの中で、
「個」に焦点を当てて、
支援をするということが求められているのです。

これも、あなた自身がそこの利用者だったら「個」を望みますよね?
そういう風に、自分だったらどうかな?と
思い描けばわかりやすいと思うのです。

このあたりが、個別支援計画の原点だと思えば
わかりやすいのではないでしょうか?

ですから、個別支援計画は、「個」に視点を置いたもので、
どこにどうやって支援をするかという視点が大事なのです。

集団であることは間違いないですが、
その集団は、サービスをしやすくするために、
設定せざるを得ない状況なのです。
その中で、「個」をだいじにした、
支援を受けることになってきているのです。

そう考えると、個別支援計画上、大事なことは、
その人の人生に対して、支援する計画を立てるということ
です。これは、今説明した通りです。

そして、
人生を集団の活動に当てはめるのではないということ
です。

間違いやすいのは、支援者が、ご本人を、
活動に当てはめる支援計画の立ち位置になってしまうことです。

活動を、多岐に見て多岐に活かせられる支援者は、
この人の人生に、活動のこの部分に役立つと思う!という見方ができます。

でも、多岐に見ることができない支援者は、
こういう活動だから、こういう支援計画にしようとなってしまうのです。

これは、似ているようで全く違うのです。

そして、
支援者ができる範囲のことをするということ
です。

これは、えっ?と思うかもれませんが、
やはり、支援者ができることでなければ意味がありません。
計画したのであれば、支援者が支援できるものということです。

ただ、これは法制度でいうところに固執する必要はありません。

これを読んでいるあなたがどうお考えかはわかりませんが、
私自身は、法制度というのは
「福祉はここまでしかやってはいけない」というものではなく、
「最低ここまではやってください」というものだと思うからです。

つまり、支援計画は、
その人の人生を進んでいただくうえで
大事なものですので、
福祉施設は最低ここまではやりますよ、
あとは独自の支援を組み立ててくださいね!
というものだとと思っています。

たとえば、洗濯の仕方を教えなくてもいいけど、
教えてもいいわけです。
それは支援者ができる範囲ですることが重要なのです。
この個別の支援を進めるうえで、
支援者が、疲れ果てるようなものはおかしいと思うのです。

そして、個別支援計画は、達成するものです。

達成しないものを計画目標にし、
達成しなかったからといって、
毎年同じ目標を掲げている事業所がありますが、
達成するためにやるものなので、
達成できるものをその年その年、掲げるようにしてください。
もちろん同じ目標で、レベルが上がっていくというのはOKですけど、
計画して達成する気持ちがないものは明らかにおかしいです。

まだまだ、個別支援計画については、
話したいこともありますが、
今回は、4つの点についておさらいをさせていただきました。
もし、間違っていたり、わからなかったら、
ご連絡ください。

個別支援計画についてのご相談もよくはいっていますよ。
書き方がわからないとか、
この計画をもらったけどいいのだろうかとか…

よりよい人生を作るための計画です。
「個」をだいじに、できる範囲の支援計画にしましょう!
ぜひ、モニタリングの時期をきっかけに見直してみてください。

最新セミナー情報 等

--------

【大阪】自閉症の方のパニックをゼロにする12の方法

--------

【日時】
2017年11月23日(木・祝日)
14時00分から17時30分

【場所】
新大阪丸ビル別館貸し会議室 4階4-3号室
(大阪市東淀川区東中島1-18-22 丸ビル別館)新大阪駅より徒歩2分

【定員】
先着90名様まで

【内容】
自閉症の方のパニックをゼロにする12の方法
事例検討会(パニックでお困り事例の解決の仕方を学びます)

【会費】
当日支払:5000円
事前振り込み価格:4500円

詳しい内容・お申し込みは、こちらから!
http://www.kokuchpro.com/event/panic1123/

***************

お役に立てたら、ランキングをクリック!
よろしくお願いします!


障がい者 ブログランキングへ

コメントを残す