上司に意見を話すときの裏技



職場での人間関係に悩んでいる人が多く、
厚生労働省の調べでも、
離職理由のトップになるのが、
この人間関係。

いくら、障害者支援のスキルを持っていても、
障害者支援に対する熱い思いを持っていても、
上司との関係が悪ければ、
あなたのスキルは活かすことができないし、
ましてや、障害者支援という仕事さえも
嫌なものと思ってしまったら、
なんともったいないことになるのだろうかと思うのです。
だから、職場の人間関係は大事なのです。

さて、特に上司との関係のお悩みで、
自分の意見を持っていつつも、
どうしても自分の意見を、
言えないという方がいらっしゃいますね?

そういう方は、
反対をされたらいやだと
思っていますよね?

いやな「結果」を
真っ先に浮かぶ方だと、
なかなか、ご自身の意見を
上司にお話しができないようです。

実際は、「だめ」と言われる確率が
高いわけではありません。
もちろん、「OK」と言われるほうが、
多いというわけでもないのです。

だめだーと思いがちな方には、
「だめもと」という考えもありますが、
私は「OKだったらラッキー」と思うようにと、
お話ししています。

「だめもと」は、だめだった時を想像しちゃうからです。
だから、心がマイナス方向に行く方には、
おすすめなのです。

さて、もう一つ、
どちらでもいいっていう上司がいるのです。

実は、こちらが、ほとんどです。
ほとんどなのに、意見が通らないことがあります。
では、このほとんどの人に、
自分の意見を通すには、何が必要か?なのです。

反対や賛成は、メリットを考えますよね?
どちらの意見でも、採用するメリットです。

でも、どちらでもいいと思っている人に、
自分の意見を通すのは、
これが、意外なことに、
タイミングだったり、
するわけですよ。

そうそう、良い意見でも、
このタイミングを外すと、
カチーンときて、
だめって言ったりする上司もいるのです。

例えば、イライラしているときや、
超忙しい時に言っても無駄。
上司の心が落ち着いているときのほうがいい。

だから、忙しそうな時は、
あとでお時間くださいと言って、
話があることを示唆!
上司も心の準備が必要なんです。
即決できない人が増えているのでね。

あとで、上司の気持ちが落ち着いた、
良い時間にお話しするという作戦です。

そして、もう一つ。
ふたつの意見を持って行くという方法。
AとBどちらがいいでしょう?
ご意見伺えますか?みたいな感じ。

上司に選ばせるのは、
上司も自分の意見を決めた気になる。
プライドがあったりする方にはおすすめ!

まあ、こんな風に、
もちろん、これだけではないですけど、
上司を立てつつ、
自分の意見を通すための
「プレゼン」を工夫すると、
今まで通らなかったものが、
すーっと通ったりするので、
なかなか、意見が通らなかった方が、
自分の意見が悪かったからだと思っているのであれば、
もしかして、あなたが今、必要なのは、
プレゼン能力かもしれないのです!

顔つきとかも大事ですよ。
不安そうな人の意見に賛成するのは、
上司だって不安になりますから、
反対したくなりますよ。

相手が心地よくなるプレゼンを目指しましょう。
成功すれば、あなたも心地よくなるはずです!

福祉とプレゼンが、
関係あると思っていなかったあなた!
意外にも、面白いことになりますよ!

最新セミナー情報 等

--------

現在、公開セミナー情報はありません

--------

 

 

***************

お役に立てたら、ランキングをぽちっと!
よろしくお願いします!


障がい者 ブログランキングへ

コメントを残す