支援がうまくいかない場合



知的障害がある人の支援がうまくいかないということは、
支援現場であれば、
よくあることです。

人には感情があったり、
その日の体調があったり、
タイミングがあったり、
同じような支援をしても
同じような反応になるとは限りません。
 
だからこそ、
うまくいくばかりではなく、
うまくいかないときもあります。

というより、
うまくいかないことのほうが
多いのかもしれません。

うまくいかないことに、
言い訳のような理由を
つけているかもしれませんが、
それでもやっぱり
うまくはいかないのです。

「どうしてできないんだろう?」
と、自分に質問をしたときに、
「難しいよね」
「無理だよね」
「できるわけがないよね」
と、思ってしまった時点で、
できる方向にはいきません。

支援ができるか?
支援ができないか?

そこは、
簡単な理由で振り分けられます。

まず、その人にとって
今以上の良い支援をすると決めることです。

そのために、
「今、自分にできることは何か?」を考えることですし、
それは「あなたが今できること」の中で選ぶことなのです。

人間、できないことはできませんからね。

「どうしてできないんだろう?」
という質問をしても、
うまくいかないことばかりを
想像してしまうので、
質問には適しません。

でも、
「今、自分にできることは何か?」という質問は、
今の状態でできることを
考えられる自分になります。

ですから、答えが出やすいのです。

本当は、うまくいかないことばかりではないのです。

うまくいかないようにしているのは、
自分が自分に対しての質問を
間違っているからではないでしょうか?

ひとつの支援がうまくいくと、
二つ目の支援はもっとうまくいきます。

そして、うまくいくスピードも速くなります。

アイデアも、1個目の時よりも、
たくさん出るようになります。
たくさんでるからこそ、
また解決も早くなります。

つまり、
自分への質問の仕方を
変えることで、
成功を得ることができ、
成功を得ることができると、
またさらに成功を・・・と、
良い方向に回転をしていきます。

「どうしてできないんだろう?」
という質問は、あなたを苦しめるだけで、
解決には結び付きませんので、
今以上の良い支援をするために
「今、自分にできることは何か?」
と、スケジュール帳にでも書いておくことをお勧めします。

できることをする
できることの中で考える
できるまでする

ことは単純。
難しいことは考えません。

まずはチャレンジ!
支援の成功をまず一つ、
手に入れましょう!

最新セミナー情報 等

--------

セルフコーチングのすすめ~ぶれない自分づくり~

--------

悩みを自己解決できたり、人間関係をスムーズにできる自分を手に入れませんか?

【日時】
2018年7月27日(金)
18時30分から20時30分(開場18時)

【場所】
高津市民館 視聴覚室
(ノクティ2(マルイファミリー)の11階)
〒213-8570 川崎市高津区溝口1-4-1

【講師】
山田由美子(福祉屋あおい)
特定非営利活動法人サポートひろがり代表
https://www.facebook.com/team2003

【定員】
先着45名様まで。

【参加費】 ※早期支払期日は、2018年7月20日までです。
当日支払:4000円
早期支払価格:3500円(ゆうちょ銀行・カード払い)

(詳細・お申込はこちらから)
https://www.kokuchpro.com/event/20180727takatsu/

***************

お役に立てましたら、
ランキングをクリック!
よろしくお願いします!


障がい者 ブログランキングへ

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください