障害者虐待:その支援、ほかの人に見せることができますか?



今度は高齢者への虐待が見つかりました。
下関事件より後にビデオでとられていますので、
ご家族が、下関事件を参考にしたのかな?と思っています。

この映像を見て、
障害者虐待とちょっと意味合いが違うようだ
と思いました。

障害者の虐待の多くは、
行動障害の人に向かいます。
何とかしなければ、
この人を世の中で迷惑がかからない人にしなければ、
そんな思いで、
支援をしているさなかに、
虐待と知らずにやってしまう人が、
多いように見受けられます。

子供も学校もそういう傾向にあります。

しかし、この映像に映し出された高齢の女性にしている虐待を見ていると、
良い支援をしようと思ってやっていることから
発生した行動とは思えない映像です。
うっぷんを晴らしている。そんな感じでしょうか?

そして、だれも、見ていないと思ってやっているようです。
まさかみられていないだろう。と思っていると思います。
ビデオがあるとわかればやっていないと思います。

悪いことは隠したくなりますから、
わからないところで自分の感情を高齢者にぶつけたつもりなのでしょう。

ですから、思うのです。

あなたの支援は、隠さずに人に見せられますか?

内容が未熟だから見せたくないと思うかもしれませんが、
そう言う意味ではなくて、
自分の今できる支援を精いっぱいやっているところを
隠さず見せられるかということです。

ビデオカメラが設置されていることを想定してみてください。

「見せたくない」のであれば、悪いことをしていると思っており、
それは、虐待なのかな?と思えばいいのです。

その支援方法しかないですか?
他の方法は見つかりませんか?
その方法に理由づけができますか?

いかがでしょうか?
もし、隠したくなるような、そして、
人に批判されそうな支援をしているのであれば、
その支援方法を他のものに変えませんか?

そして、
自分のは大丈夫だけど、
一緒に働いている仲間のことを、
見られたくないな。
と思うようだったら、やっぱりそれは虐待と思ってください。

あなたが、その虐待をしている同僚を助けたいなら、
どうやって助けるかを相談しましょう。

あなたの組織に
人に見せたくない支援をしている人がいるかどうか。
そこを境として考えてみませんか?
そして、虐待ストップのために、
行動してみませんか?

最新セミナー情報 等

--------

【大阪】自閉症の方のパニックをゼロにする12の方法

--------

【日時】
2017年11月23日(木・祝日)
14時00分から17時30分

【場所】
新大阪丸ビル別館貸し会議室 4階4-3号室
(大阪市東淀川区東中島1-18-22 丸ビル別館)新大阪駅より徒歩2分

【定員】
先着90名様まで

【内容】
自閉症の方のパニックをゼロにする12の方法
事例検討会(パニックでお困り事例の解決の仕方を学びます)

【会費】
当日支払:5000円
事前振り込み価格:4500円

詳しい内容・お申し込みは、こちらから!
http://www.kokuchpro.com/event/panic1123/

***************

お役に立てたら、ランキングをクリック!
よろしくお願いします!


障がい者 ブログランキングへ

1件のコメント

  • 九王子

    誰が見ていなくても神(仏)は見ているし、未来の自分も見ているんだがなあ。。。

コメントを残す