車いすの方の介助は、ふたりでしよう



車いすの人もいらっしゃいますが、
トイレ介助は、
どうやっていますか?

人手がかかるからと、
職員ひとりでしている人も
多いと思います。

体重も軽い人であれば、
男性職員であれば、
ひとりで、
軽く抱きかかえてしまうかも
しれませんが、
できれば、
二人体制で、
やることをお勧めします。

やはり1番は、腰痛問題ですね。
それに、実は、こんなところから、
チームの仲たがいの原因にもなるのです。

できるだけ現場に迷惑をかけないようにと
なぜかおかしな発想で、
ひとりでやる施設は多いのですが、
そうなると、
できる人とできない人はいます。

軽く持ち上げられる人
ばかりではありません。

ひとりでできない人が、
批判されるのもおかしな話ですが、
ひとりでできてしまう人がいると、
なぜ、あの人はひとりで
できないの?という
発想にもなったり、
ひとりでするのが当たり前ですと、
腰痛があっても、
ひとりでやらなければ
ならないと思い込んで、
痛いのを我慢してやってしまったりと、
どちらにしても悪循環です。

この仕事は長く続ける仕事でしょうから、
腰痛は、人によっては致命傷になります。

ですから、がまんすべきではないですし、
がまんしたくなる環境を
作ることが、悪循環のスタートですから、
よくないことなのです。

だから、二人介助なのです。

職員が1人しかいないことで、
利用者の人も、
思いのほか、
「頑張って」いる場合もあります。
トイレくらい、
のんびりとしたいところなのに、
ひとり介助のために、
お互い必死になっているということは、
やっぱりさけたいです。

特に脳性麻痺の方などで、
がんばってやっているがゆえに、
二次障害になってもいけません。

これくらいと思わずに、
二人介助を
はじめてみませんか?

もちろん、二人介助にする場合は、
活動をどう維持していくかも
話し合うべきだと思いますし、
活動が維持できないからと、
一人介助というのもおかしな話になります。

つまり、感情よりシステムを優先することです。

職員の健康も
職員の人間関係も
もちろん、利用者の方の障害も
どの部分から見ても
二人介助をされるよう、
もう一度、
トイレ介助を見直していきましょう!

もちろん、車いす移乗なども
二人でやりましょうね。

最新セミナー情報 等

--------

セルフコーチングのすすめ~ぶれない自分づくり~

--------

悩みを自己解決できたり、人間関係をスムーズにできる自分を手に入れませんか?

【日時】
2018年7月27日(金)
18時30分から20時30分(開場18時)

【場所】
高津市民館 視聴覚室
(ノクティ2(マルイファミリー)の11階)
〒213-8570 川崎市高津区溝口1-4-1

【講師】
山田由美子(福祉屋あおい)
特定非営利活動法人サポートひろがり代表
https://www.facebook.com/team2003

【定員】
先着45名様まで。

【参加費】 ※早期支払期日は、2018年7月20日までです。
当日支払:4000円
早期支払価格:3500円(ゆうちょ銀行・カード払い)

(詳細・お申込はこちらから)
https://www.kokuchpro.com/event/20180727takatsu/

***************

お役に立てましたら、
ランキングをクリック!
よろしくお願いします!


障がい者 ブログランキングへ

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください