考えを導き出す質問の力


「○○したいんだけど、△△だからできないよ!」
この手の会話は、成功体験の少ない利用者から
多く聞かれる会話です。

「○○がしたい」という希望(夢)を言いつつ、
その直後に、「△△だからできない」というということは、
その「できない」という考えしか、
思い浮かばないからなのです。

それは、それまでの経験によるものですし、
失敗体験が多いと、
このように思うことも多いのかもしれません。

ひとりで考えていただくと、
やはり、多方向の考えが
思い浮かばなかったりもしますので、
支援者が、道を指し示すことは
あるかと思います。

この時に、ご自身で考えられるのであれば、
こういう方法があるよと言ってしまうのではなく、
考え方の入り口だけの、
支援をしたほうがいい場合があります。
きっかけ作りという感じです。

つまり、質問の力で、
その方の考えを
導き出す方法です。

たとえば、
「映画に行きたいけど、
きっと、ヘルパーさんが無理だから行けない!」
という場合は、
行きたいことを確認し、
「無理じゃないヘルパーさんは、どうやったら見つかると思う?」
と質問してみるのです。
「映画に行きたいのですが、いつだったら一緒に行ってもらえますか?って電話する!」
という考えが浮かんだり、

「謝りたいけど、謝り方がわからないから謝れない」
だったら、
「謝り方をわかるためには、どうしたらいいと思う?」
と質問し、
「謝り方を終えて欲しい。練習する」
となったり、

今までの視点ではないポイントを
考え出すきっかけづくりです。

質問の力で、
その人が持っている考えを、
引っ張り出していけるのです。

これは、コーチングの方法です。

できるように考えるための方法です。
できない理由を考えるためではありません。
できなくて嘆いている人を慰めることでもありません。

ご本人が自分でできるように考えていただく
道筋の支援をしてみませんか?

ご自身で、考えが浮かぶことは、
行動することに積極的になりますから、
質問で、考えを導き出してみましょう!

(実は支援者にも多いので、読み替えてご利用ください)

最新セミナー情報 等

――――――――――
かながわ福祉サービス振興会様
「障害者グループホーム職員研修会」
――――――――――

テーマ「自閉症の理解
~障害特性とグループホームでの関わり方~」

日時:2017年7月13日(木)
   10:00~13:00
講師:山田由美子 
会場:茅ケ崎市コミュニティホール A・B会議室
   神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号 茅ヶ崎市役所分庁舎
   JR茅ケ崎駅北口より徒歩7分

詳しくは、こちらから!
http://teamaoi2003.com/post/5081

***************

お役に立てたら、ランキングをぽちっと!
よろしくお願いします!


障がい者 ブログランキングへ

コメントを残す