マスク着用は必要最低限にしたい



1年を見ていくと、時期により、
マスクをつける職員が多くなります。
花粉症なら、仕方がないと思いますが、
インフルエンザ予防も多いと思います。

それが習慣となり、
予防する必要がないのに
マスクをしている職員もいます。

職場への行き帰りは、してもいいと思うのですが、
事業所の中で、
マスクをしっぱなしというのは、
少し考えてみてほしい部分があります。

もちろん、病気になる
可能性があるのであれば別ですが、
まったくだれも、咳き込んでもいない、
誰もその症状にもなっていない、
という職場なのに、
職員だけマスクをしている
異様さの施設があります。

なぜ、マスクをはずしてほしいか。

それは表情がわからなくなるからです。

人と人が接するときに、
表情というのは、
関係性の一助となるのです。

知的障害の人であれば、
職員の表情がにこやかだったり、
怖い顔をしているなというのが、
感じ取れるのです。

もちろん、その人に
悪い影響を与える表情もありますが、
そのためでのマスクではないので、
今回はその事例は省きます。

一般的な支援の状況で、
表情がわかりにくいというのは、
支援の力を減少させます。

もともと、無表情に近い職員であれば、
利用者の皆さんも段々に
その職員の表情は、
こういうものだとわかりますが、
最初は、とっつきにくいとは思いますね。

例えば文字もそうなんです。

おはよう。
おはよう!
おはよう><

など、記号や絵文字がつくと、
表情が変わってきますね。

「おはよう><」と書かれれば、
あれ?どうしたのかな?
と思うこともありますよね?

面談を電話やメールですることは
できるだけ避けますが、
その意味も
このあたりにあるのです。

人間は言葉だけではなく、
表情も入って、
コミュニケーションが取れるのです。

例えば、笑うにしても、
くすくす笑うより、
大きく口をあけて笑うほうが
楽しそうだと解釈するようなことは、
利用者の皆さんもしていることなのです。

そういう意味で、
利用者の皆さんが、
私たち職員の話しの内容を、
よりわかりやすくするために、
マスクは、健康のために必要な時以外は、
外す方向でお考えいただきたいと思います。

いつもの顔や表情も支援に使えるツールです。
安心感を持っていただけるように、
利用者のみなさんに接しましょう。

なお、食品を扱っているなど、
絶対にすることもあり得ます。
その際には、表情がない分、
伝わりにくくなっていますので、
その点加味したコミュニケーションに心掛けましょう!

最新セミナー情報 等

--------

【京都】虐待をうまない支援力・チームづくり

--------

【日時】
2017年12月10日(日)
13時30分~16時30分(受付13時15分~)
【場所】
京都アスニー
京都府京都市中京区聚楽廻松下町9の2
【会費】
3,000円(税込)
【定員】
50人(先着順)
【主催】
Community Spaceバースデー

詳しい内容やお申し込みはこちらから
http://kokucheese.com/event/index/475958/

 

 

***************

お役に立てたら、ランキングをクリック!
よろしくお願いします!


障がい者 ブログランキングへ

コメントを残す