作業支援:右か左か?



右か左か?
ふたつのお話をします。

まず、一つ目。

右利きの人と、
左利きの人がいます。

言葉のない人は、
どちらが利き手なのかも
わからない場合もあり、
右利きかと思ったら、
左利きなどということもあります。

職員が、右利きだと、
利用者も右だと思いこみ、
たとえば、ハサミなどを
右手に渡してしまうということも起きます。
そうすると、そのまま使いにくい右手で
ハサミを使っているということも
見受けられます。

利き腕が、右か左かは、
かなり重要な情報です。

人によっては、書くのは右で
その他は、すべて左という人もいます。

この右か左かは、
だいたい食事の時に
確認するとあっていると思います。
食事をする際に、
スプーンでも箸でも
左に持てば左ということで仮定して、
作業支援の基本情報とすれば
よいと思います。

さて、もう一つの右か左か。

それは、作業の流し方(部材の置き方)です。
たとえば、何かの部材をセット組して、
袋に入れる時など、
どういう順番に置くのが、
その人にとってやりやすいかです。

これは、人によって違います。
右利きだから、左から送ったほうがいいか、
と思うと、人によっては、
右からのほうがいいのです。

ですから、人によってと
解釈していたほうがいいのです。

作業が始まる時は、
とりあえず、職員のやりやすいように
置いてみてください。

そして、作業をする様子を
絶対に見てほしいのです。
そこから、不具合確認を
していくことになります。

作業をする上で、
手が交差しているとか、
取らない部材があるとか、
そういう不具合です。

このあたりの微調整をして、
その人にあった置き場を考えます。
だいたいは左から流したほうが
楽な傾向にはありますが、
その人の方向により、
ものすごく作業に時間が
かかっているのであれば、
非効率です。
これを効率的にやっていけば、
工賃UPにも好影響を与えます。

右からか?左からか?は、
作業にとって重要な視点です。

作業環境は、支援するべきところです。
あなたの力の見せ所です。

最新セミナー情報 等

--------

【大阪】自閉症の方のパニックをゼロにする12の方法

--------

【日時】
2017年11月23日(木・祝日)
14時00分から17時30分

【場所】
新大阪丸ビル別館貸し会議室 4階4-3号室
(大阪市東淀川区東中島1-18-22 丸ビル別館)新大阪駅より徒歩2分

【定員】
先着90名様まで

【内容】
自閉症の方のパニックをゼロにする12の方法
事例検討会(パニックでお困り事例の解決の仕方を学びます)

【会費】
当日支払:5000円
事前振り込み価格:4500円

詳しい内容・お申し込みは、こちらから!
http://www.kokuchpro.com/event/panic1123/

***************

お役に立てたら、ランキングをクリック!
よろしくお願いします!


障がい者 ブログランキングへ

コメントを残す