生活力をつける準備は、いつから?



これは子育て一般にいえるかもしれません。

子供がいつか、独り立ちする。
それは、約20年以上かかるものですよね?

知的障害がある方は、もっとかかるかもしれませんが、
その日は必ず来ます。

ですから、長い年月をかけて独り立ちする準備を
ご家族がしていくことになります。

まず、「できない子」なんだという観点があるかもしれませんが、
その中で「できること」に着目することです。

できることをしているとできることの幅が広がったり、
奥深くなったりしていきます。

また、「できること」を増やすために、
様々な経験をする場が必要になってきます。

自分から興味を持って、
「やりたーい」といわない可能性もあります。
やる準備をご家族がして、きっかけを作っていかないと、
やらないかもしれないのです。

それは、経験したことがないことは、わかりにくいからです。
できるかできないかわからないにしても、
ご本人に興味がなくても、
将来、生活に役に立ちそうなことを
中心に経験をすることがいいと思います。

一番独り立ちに必要なことが経験できるのは、
お手伝いでしょうね。

洗濯物を畳むとか、
お料理のお手伝いとか、
確かに最初はうまくいかないと思います。
でも、興味を示すかどうかって大事!

きらいなことはできませんが、
好きなら、うまくいかなくてもやってくれます。

「好きこそ物の上手なれ」
っていう感じかな?

やることはたくさんありますよ。
お手伝いだけではなく、
自分の身の回りのこともそうですね。
案外できないのは、爪切りとか、シャンプーとか。
お財布からお金を出すことなどもね。
これは、ちょっと大きくなってからでしょうね。
小学生くらいでしょうか?

お店に一人で行けることも大事ですね。
理容・美容院など、不定期に使うところもですが、
いつも行くスーパーやコンビニなんかもね。
こちらのほうが早いかもしれません、
小学校に上がる前にできる子もいそうですね。

ちいさいうちから、
経験ができる場を作って、
遊びの中にも取り入れて、
体験できていることは、何十年後かの将来に
絶対に役に立ちますよ。

こんなことまだ早いでしょ?
ということはそんなにないと思います。
1・2歳からやれることはどんどん増えていきます。

逆にもうちょっと大きくなってからとは言わず、
とりあえずその時点でやってみて、
もし興味もなさそうだったら、
また少し経ってから、
経験してもらえるようにするのもいいと思いますよ。
1回やってダメならこの子は無理!
というように決めつけることでもないのです。

興味を持った時に、
また興味を持てるようにしながら、
お子さんの生活力をつける場を
充分に取っていきましょうね!

そうそう、
そのうち、いろいろできるようになることで、
遠い将来、親の介護もできたりして。
そういう知的障害の方もいますからね。
持ちつ持たれつですね。
家族ですから。

最新セミナー情報 等

--------

現在、公開セミナー情報はありません

--------

 

 

***************

お役に立てたら、ランキングをぽちっと!
よろしくお願いします!


障がい者 ブログランキングへ

コメントを残す