障害者施設における虐待予防と虐待防止の違い



虐待防止という言葉は、
みなさんご存じだと思います。

では、虐待予防という言葉は?
というと、ピンと来ないかもしれません。

私のセミナーでは、
もちろん、虐待を発見したらどうするか?
という観点もありますが、
虐待をしない・させないために
するべきことは何か?
という観点で
お話ししています。

今日は、
虐待防止と
虐待予防の違いを
考えてみましょう。

障害者虐待防止法という法律にも見られる、
「虐待防止」は、
ことが起きたら
どう対処するか?がメインです。

もちろん、法律には、
障害者を虐待してはならないとも
書いてあります。

本来ならそれだけでいいものを
なくならないから、
防止の観点で法律ができており、
虐待が起きたら、
それを止めるために、
こんなシステムがあるよということが
メインにもなっています。

さて、虐待があると認識している施設では、
虐待防止の考え方でよいにしても、
虐待がないと思っている施設のほうが
明らかに多くあります。

でも、
「うちの職員は虐待をしていない」と
思っている施設は、
本当に虐待がないのでしょうか?

問題なのは、
支援の最中にしている虐待が、
虐待と思われていないことなのです。

うちの支援は良い支援ですと
自慢しているような場合でも、
それは虐待ですよと
言わざるを得ないケースも
あるのです。

なぜなら、
支援をしている最中に
良かれと思った関わりのため、
推し進める傾向もあり、
長く続くと日常となり、
自分たちの支援はこれだ!と
信じてい疑うことをしなくなるからです。

この場合、
支援スキルがない職員が多くいます。
そして、
即効性のあるこの方法が良いだろうと思って、
叩く
罵声を浴びせる
否定するなどの
関わりをしており、
それを支援と誤解しているケースも
多々あるのではないでしょうか?

こうしなければ。
この人のため。
と思い込みます。

となると、
自分たちは虐待をしていないという認識になり、
虐待防止法は、
自分たちには関係のないことと
思われるのではないかと危惧しております。

うちの支援は利用者を大切にしているから
間違っていない。

虐待をしていないから、
うちには関係ない。

虐待など、
質の悪い職員がすることだ。

うちの利用者は特別大変だから、
この方法しかない。

このように考えている場合、
虐待防止法の効果はなく、
虐待であることに気づかず、
利用者の方が亡くなることにも
つながかねません。

本当に虐待が起きてからの
虐待防止という考え方でよいのでしょうか?

虐待防止は、
していないと認識している人にとっては
不要と思い込みがちですが、
虐待予防であれば、
全ての人が
しようと思えることのはずです。

ですから、
うちに関係ないというイメージではなく、
虐待予防の観点で
物事を考え、
虐待をしない方向を考えられる
事業所になりませんか?

虐待をしない自分や
同僚に虐待をさせない自分になる。

そこが第一番目の
目的です。
なぜなら、施設事業所は
個々の職員の集まりですし、
マンツーマン対応の時に
多く発生しているからです。

そして、虐待をしない自分や施設になるために
できることは何か?と考えることです。

以下、参考ブログを貼り付けておきます。
施設で、虐待につながらない予防策を考えてみましょう。

一番、推奨しているのは
にやりほっとです。
参考ブログ「職場を明るくする「にやりほっと」を見つけよう!」
http://teamaoi2003.com/post/3811

そして、
家族の関わり。
参考ブログ「施設の家族会としての虐待防止活動」
http://teamaoi2003.com/post/5793

また、
利用者の皆さんにも意識を持っていただく。
参考ブログ「知的障害者ご本人からの虐待通報訓練をしよう」
http://teamaoi2003.com/post/266

そして、もっと大切なのは行動障害がある人への
支援力のUP。
参考ブログ「自閉症支援:パニックが止まらないのは、支援部分が間違っている」
http://teamaoi2003.com/post/2790

さらに、最も大切なのは、
管理職の職員とのコミュニケーション力のUPです。
参考ブログ「管理職は何の役割をする人か?」
http://teamaoi2003.com/post/3572

やはり、管理職は、
利用者の幸せを願い、
今以上の幸せのために行動をしていきましょう。
そのために何をするのか?
何ができるのか?

管理職は、職員まかせではいけません。
職員は、管理職まかせではいけません。

しない・させない、STOP虐待!

虐待予防を施設として取り組む宣言をしていきましょう!

最新セミナー情報 等

--------

セルフコーチングのすすめ~ぶれない自分づくり~

--------

悩みを自己解決できたり、人間関係をスムーズにできる自分を手に入れませんか?

【日時】
2018年7月27日(金)
18時30分から20時30分(開場18時)

【場所】
高津市民館 視聴覚室
(ノクティ2(マルイファミリー)の11階)
〒213-8570 川崎市高津区溝口1-4-1

【講師】
山田由美子(福祉屋あおい)
特定非営利活動法人サポートひろがり代表
https://www.facebook.com/team2003

【定員】
先着45名様まで。

【参加費】 ※早期支払期日は、2018年7月20日までです。
当日支払:4000円
早期支払価格:3500円(ゆうちょ銀行・カード払い)

(詳細・お申込はこちらから)
https://www.kokuchpro.com/event/20180727takatsu/

***************

お役に立てましたら、
ランキングをクリック!
よろしくお願いします!


障がい者 ブログランキングへ

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください