知的障害者からの虐待通報



虐待がとまりません。
職員やご家族向けにいろいろな策を提供していますが、
まだまだ、虐待防止のために
何かできるのではないかと思っています。

私自身は、
事前に虐待に繋げないための方策が必要だと思っており、、
本来、虐待があってからの事後の
方策ではないと思っているのです。

障害者支援事業所を想定した場合、
そこにいる様々な立場の関係性で、
管理者であるとか同僚であるとか、
そういう立場からの発信で、
虐待を止める方法があると思って
今まで書いてきました。

さらに、ご本人からも、
嫌なことはいやと訴えられる手段を持てば、
大きな抑止力につながるはずとも思っています。

彼らが訴えられない人と思われているから、
虐待が横行してしまったことも事実としてあります。

万が一、虐待につながってしまった時を想定しても、
ご本人がSOSを早く言えるようにしていきたいのです。
虐待を受けている利用者は、何年もの間、
虐待を受けているケースもありますよね?
それをいち早く、見つけられるためには、
ご本人からも、「通報」できるよう支援するべきと思うのです。

そこで、SOSにつなげるための提案ですが、
ご本人たちの「虐待通報の訓練」は、
いかがでしょうか?

防災訓練を思い出していただきたいのです。
これを、やっているところとやっていないところの、
災害時の彼らの動きの違いは明らかです。

理由は簡単です。

彼らは体験することで、
様々な方法などを知るからです。

では、虐待はどうでしょうか?

例えば、叩かれた時に、
他の人に言うという方法を知らなければ、
自分がされたことを
人に話すということもわからないですよね?

叩かれた事を自分が悪いから、
言ったらまた怒られると
思っているかもしれませんし、
何か、嫌なことが起きた時に、
それを人に話す事が大事なことだと
思っていないと思うのです。

また、世の中にあふれるパンフレットは、
ほとんどが支援者向け。

ご本人にわかり、
ご本人がアクションをすることに役立つ
物ではないのが現状です。

防災訓練のように、
各事業所が工夫をして、
SOSの出し方の訓練を計画してみませんか?

暴力を振るわれる。
性的ないたずらをされる。
お金を取られる。
嫌な言葉を言われる…など、
具体的なものであれば、
彼らの中で分かる人もいると思うのです。
わかる部分だけでもいいので、
訴えができることにつなげたいですよね!

体感することが大事だと思うのです。
ポスターや、言葉だけの呼びかけではなく、
ロールプレイですね。

ぜひ、初めてみませんか?
まずは1回やってみませんか?
彼らの力に期待をしましょう!

最新セミナー情報 等

--------

【大阪】自閉症の方のパニックをゼロにする12の方法

--------

【日時】
2017年11月23日(木・祝日)
14時00分から17時30分

【場所】
新大阪丸ビル別館貸し会議室 4階4-3号室
(大阪市東淀川区東中島1-18-22 丸ビル別館)新大阪駅より徒歩2分

【定員】
先着90名様まで

【内容】
自閉症の方のパニックをゼロにする12の方法
事例検討会(パニックでお困り事例の解決の仕方を学びます)

【会費】
当日支払:5000円
事前振り込み価格:4500円

詳しい内容・お申し込みは、こちらから!
http://www.kokuchpro.com/event/panic1123/

***************

お役に立てたら、ランキングをクリック!
よろしくお願いします!


障がい者 ブログランキングへ

コメントを残す