自立を細分化する



その人の自立といった時に、
何を考えますか?

働くをイメージする人もいますし、
一人でご飯を食べるということもあるでしょう。

その人の自立は、
その人ひとりの全体像の中で1つと考えるよりも、
その人の「部分」をとらえてみたいと思っています。

この部分ができなかったけど、
できるようになったから、
自立した部分が一つ増えました!という意味です。

自立はその人の中で一つではなく、
あんなことやこんなこと。

だから、うちの子自立できなーい!と
おっしゃっているけど、
小さな1つ1つの自立を考えてみませんか?

○○ができた!だけではなく、
○○は、できないっていうSOSを言えた!
そういうもの自立だと思います。

できることはできるようになり、
できないことは人に頼める。

自立って全てを一人でできるという意味ではないのです。

できる部分もできない部分も人間にはありますから。

見かたを変えれば、
もしかしたら、
あなたのまわりの知的障害の方も、
たくさんの自立をしている方かもしれません。

そんな小さな自立を発見したり、
ちょっとしたことができるようになったことを
お互い喜んでみたり、
そういうのが、よいのではないでしょうか?

最新セミナー情報 等

--------

【京都】虐待をうまない支援力・チームづくり

--------

【日時】
2017年12月10日(日)
13時30分~16時30分(受付13時15分~)
【場所】
京都アスニー
京都府京都市中京区聚楽廻松下町9の2
【会費】
3,000円(税込)
【定員】
50人(先着順)
【主催】
Community Spaceバースデー

詳しい内容やお申し込みはこちらから
http://kokucheese.com/event/index/475958/

 

 

***************

お役に立てたら、ランキングをクリック!
よろしくお願いします!


障がい者 ブログランキングへ

コメントを残す