自閉症支援:急なアクシデントに対処するワザ



自閉症の人で、
急に何か嫌なことが起こった時に
パニックになる方がいます。

支援者の支援方法の
間違いによるパニックは、
なくすことができますが、
急激なアクシデントを
回避することは難しく、
パニックが発生しやすい一つです。

でも、このパニックの発生を
ゼロ、もしくは、
今以上に減らすことができるので、
今日はそのことを
お話ししたいと思います。

まず、その人が、
どんなアクシデントを
嫌いかということを
さぐってみましょう。

子どもの声
救急車
地震
TVのテロップ
蝶・蜂
などなど

予測していない時に
いきなりくる
「アクシデント」の数々!

彼らは、変化に弱いので、
このいきなり飛び込んでくる
「情報」に困惑します。

こういった場合、
この「嫌な情報」を
なんとかやり過ごす方法を
あみだしておくのです。

例えば、家にいて、
救急車の音がした時に、
回避するために
どういう行動をとるかということを
決めておくということです。

これは、ご本人が、
一人でできるのであれば、
ひとりの時に回避できる方法を
身につけていただきましょう。

救急車の通るのが、
家の北側に面した道路となれば、
できるだけ家の中の
遠くの場所(南)に移動するとか、
トイレの中に入って鍵をかけるとか、
そういうルール決めておきます。

音楽を聴くでも構いませんし、
数を数えるでもよいですし、
水を飲むでもよいのです。

お店の中で、
子供の声が聞こえてきたら、
その店を出て、右に行くとか、
そういうイメージです。

そのことで、「嫌な情報」は、
あるものだと受け入れ、
嫌な情報が起きたら、
なにをするかを決めておくことで、
アクシデントではなくなり、
スケジュールとなります。

支援者のしてしまいがちな悪い例は、
「そんなことはもう起きないよ」と言うことや、
「我慢しなさい」と
言ったりすることです。

彼らの日常の中に
「想定内」にしておくことです。

これは最初から、
うまくいかないかもしれませんから、
最初は支援者と一緒に
行うようにしましょう。

彼らもだんだんなれていくと、
自分からできるようになり、
中には、にこにこしながら、
ゆっくり対処できるようになります。

あったら嫌だ。
もうなくなってほしい。

そう思っても発生するのです。
なくなってほしいと願っても、
それはなくなりません。

ですから、その「嫌な情報」は
世の中に存在して、
その方の前に急に現れたときに、
「やり過ごす方法」を
身につけていただくことで、
「嫌な情報」から
回避する技(スケジュール)を
持つようになります。

まず、安定しているときに、
その方と話し合って、
嫌なことが急に起きた時に
やり過ごせる行動パターンを
決めていきましょう。

この時、必ず、
一人でできることにしてください。
「○○さんと△△する」としてしまうと、
その人がいない時に対処ができませんので、
ひとりでできることにして、
支援を入れつつ、
最終的に一人でできるように
していきましょう。

最新セミナー情報 等

--------

現在、公開セミナー情報はありません

--------

 

 

***************

お役に立てたら、ランキングをぽちっと!
よろしくお願いします!


障がい者 ブログランキングへ

コメントを残す