やりたいことは、夢なのか計画なのか?



やりたいことを
やりたいと思いつつ、
やる日を決めないと、
やることはできません。

いつか叶えたいと思うだけでは、
それは、「いつか」であり、
具体性を持たなければ、
そのうち忘れることになります。

「いつまでにやる」
と、具体的に考えないと、
後回しになっていきます。

このように、自分で、
自分に期限を決めることで、
やれるかやれないかが決まるのです。

「いつかやりたいなあ」は、夢。

「○○までにやる」は、計画。

「今度ご飯に行きましょう!」
は、実現しない希望。

「ご飯を食べに行きましょう。今、日にちを決めましょう」
は、計画の話し合い。

日にちを決めることは、実現の近道となります。

ですから、
何かしたいことがある場合、
いつまでにと決めることなのです。

決めなければ、
実行は日常の中での後回しになります。
忙しければ忙しい人ほど、後回しになります。
思いが強くなければ、そのうち淘汰されます。

「今は、△△があるから、無理だわー」
と思った時点で、夢にもなりません。

できない理由を前面に出し、
「したいのに!」と言って、
自分はやる気のある人と思い込み、
実現しないのは周りのせいにする人がいます。

そんなことは、やる気にも値しません。

私たちは、期限があったほうが、
できる経験を今までもしてきていると思います。

テストまでに覚える。
何時までに夕飯を作る。
この洋服を○日に着ていきたいから、
クリーニングに出す。

そういった期限があるからこそ
実現できたことは、多々あるのですが、
期限があったから
実現したのだという印象が
薄いのだと思います。

でも、
毎年の年賀状に、
「今年こそは会いたいよね」とか、
「今度ハワイに行きたいなあ」
などは、
実現がされないことも言っているのです。

自分がそうしているのです。

できていないのは、
周りのせいではなく、
自分が考える思考の形のためなのです。

本気で、
実現したいと思うことには、
今、日にちを決めましょう。

そして、これからも、
夢を語るのではなく、
計画をすることに視点を置きましょう。

夢が現実となります。

さらに効果的にするには、
言葉にすることです。
声に出すことや文字に書いてみることです。

まず、行動する。
一歩を踏み出さなければ、
実現のためのスタートにはなりませんよ。
さあ、進みましょう!

最新セミナー情報 等

――――――――――
セミナー「自閉症の方のパニックをゼロにする12の方法」
――――――――――
日時:2018年11月3日(土・祝)
13:00~16:30(開場 12:30~)

場所:大田区産業プラザPiO 6階D会議室
東京都大田区南蒲田1丁目20-20

内容:セミナー「自閉症の方のパニックをゼロにする12の方法」
事例検討ワークショップ(パニックでお困り事例の解決の仕方を学びます)

お申込・詳細はこちらから!
https://www.kokuchpro.com/event/20181103tokyo/

***************

お役に立てましたら、
ランキングをクリック!
よろしくお願いします!


障がい者 ブログランキングへ

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください