職員が自腹を切ってはいないか?



知的障害がある人の事業所では、
暗黙の了解というか、
手続きが面倒というか、
お金がないから買ってもらえないという認識なのか、
職員が自腹を切って、
お金を使ってしまうシーンは多々あります。

簡単なものでいうと、
ボールペン1本もです。

そのほか、
利用者の皆さんに使っていただく遊び道具や、
作業で使う入れ物なども含め、
様々なものを購入していませんか?

さらに、不安な人になると、
行事で行く場所に、
ひとりで行って、入場料からなにから、
払ってみてきたり、
試しに利用者の人に使っていただき
使えるかの様子を見るために自腹。

もちろん、
家で買ったけど、もらったけど、
使ったら使いにくかったとか、
使わなかったということで、
「事業所に寄付」と言うこともあるでしょうけど、
最初から、
施設のお金を使う気が全くなく、
自腹を切る人がいるのです。

そして、最大の自腹は残業です。

これらの自腹は、やっている本人は、
もちろん悪気もなく、
よかれと思ってやっていることでしょう。

はたしてそれでよいいのか?

何かに影響はないのか?

そんなことを管理職は
考えていただきたいのです。

問題視するべきだからです。

自腹を切ることは、
組織の中で承諾を得ていないことになります。
それでよいのでしょうか?

自腹を切る心理を
考えましょう。

そして、自腹を切ることで出る
影響を考えることです。

何十円だからよい。
残業を申請していないからよい。
そういう解釈になっていませんか?

勝手にやったことではありますが、
勝手にやった理由があるはずです。

手続きが面倒だから。
施設にお金がないから、
あなたの関わることが、嫌だからかもしれません。

そんなのいらない。
しなくてよい。
利用者には必要ない。

そんな気持ちはないですか?

職員は、
新しい支援の展開をしたいときもあります。
その時は時間もお金もかかるのです。
いわば、研究費です。
事業所に、
何かを試すための予算がないですよね。

小さな「めんどうくささ」が、
職員の自腹につながり、
自腹をすることで、
さらに、管理職への不信感にもつながるのです。

金の切れ目が縁の切れ目です。

事務手続きを簡単にするとか、
裁量に任せるとか、
いろいろ策はあるはずです。

自腹切ってくれてよかったと思ってみたり、
知らないふりをしている管理職は、
視点を変えましょう。

良い職員が自腹切ってでも、
利用者のために働こうとしますが、
悪い職員は自腹切ったからと、
そのあと、公私混同をしていきかねません。

自腹はいけないと、
職員に働きかけましょう!

そして、自腹にさせない
新たなシステムを作りましょう。
まずは、あなたが、職員に
関心を寄せ、
職員がしたいことを
後押ししていくことですよ。

最新セミナー情報 等

--------

【京都】虐待をうまない支援力・チームづくり

--------

【日時】
2017年12月10日(日)
13時30分~16時30分(受付13時15分~)
【場所】
京都アスニー
京都府京都市中京区聚楽廻松下町9の2
【会費】
3,000円(税込)
【定員】
50人(先着順)
【主催】
Community Spaceバースデー

詳しい内容やお申し込みはこちらから
http://kokucheese.com/event/index/475958/

 

 

***************

お役に立てたら、ランキングをクリック!
よろしくお願いします!


障がい者 ブログランキングへ

2件のコメント

  • 野村祐一

    自腹の額の問題ではないですよね。組織で継続的に支援していくうえで、「犠牲的精神」が芽生えるような雰囲気にしないよう、管理者が心がけて行かなくてはならないと思います。

  • えみこ

    私の施設でも、残業がかなりあります。残金代が唯一出る研修でさえ、二時間以上延びても一時間分しか出ない始末。前に「○○君はいっつも遅くまで残業してて偉いよね」と言う上司に、開いた口がふさがりませんでした。一般職は労働基準法や、特に金融では金融庁が管理し、上司が残金を無くす為に試行錯誤し時間内に仕事が終わるようにしますが、福祉はなぜこんなに・・それも課によって出る部署と出ない部署。私のいる支援課は出ない上に他の部署にヘルプに取られる始末。それゆえ、20人以上の利用者の方達を2人で見たり・・。
    そして、外出の食事代や、行事の食事代も千円以上は五百円出るものの、千円以下は半額です。
    全ての合計はいくらになるのか、考えると嫌になるので計算していませんが、離職の一番の理由が仕事と賃金がみあっていないからです。

コメントを残す