家族と施設は、わかり合えないですか?



様々なお付き合いの中であるのが、
施設の職員とご家族の
相容れない状況のご相談です。

特に、ご家族から施設職員への怒りともとれる
苦情の数々。
これをどうとらえればいいのか。

1.家族が施設に対して我慢している
ご家族が職員に対し、
面と向かって意見を言えないということがあります。
話す時間がなかったり、
ちゃんと聞いてくれないという感情もあるようです。
それは、非常にまずい状態であると思うのです。
ご家族が、我慢していることになりますから。

2.施設職員が保守的
施設の職員の勉強不足や
言っても改善してくれないということに対しての
ご意見が多いと思っています。
特に自閉症のお子さんへの支援方法で、
コメントをいただくことが多いのは、
「これを施設の職員に教えたい!」
というご希望です。

3.家族が協力体制が取れない
施設職員が、ご家族にお願いしても、
「うちじゃ無理よねぇ」という感じや、
「任せてありますから」という感覚もありますね。
この場合は、ご家庭のご事情を
施設職員に言うべきだと思うのです。

困っているということを
伝えていないのではないでしょうか?
ですから、一方的に施設が言ってるので、
協力が取れない家族だという感覚に
なっている可能性もあります。

などなど、考えられます。

ただ、一つ言えるのは、
家族も、施設も、お互い、その利用者の支援者であり、
利用者のこれからをもっと良い生活にするために、
お互いがお互いの状況を知るべきだと思うのです。

お互い、できることやできないこと。

職員が見えないところでどんな仕事をしているのかも。

また、ご家族が抱えている問題も他にあるかもしれません。

そのうえで、何が変化できて、何が協力し合えるか。
それは、利用者の幸せを願うからこその協力です。

お互いに、
「あの人はダメよ」と言ってしまっては、
まったく生産性がありません。

ここで大事なのは、
今の状況を批判する「要望」や「苦情」ではなく、
お互いの状況を知り、
知った上で協力をするための「質問」です。

どうして、そういう支援をしているのですか?
ご家族が取り組めない理由がありますか?
そのお話し聞かせていただけますか?
どんなアイデアがありますか?
他の方に有効だったのですか?

などなど、
質問をすることで、相手を知ることをしてみませんか?

現状を見て、
これだからダメよ!
とお互いが決めつけている方が多いように
お見受けしています。

何でこうなんだろう?
ちゃんとやってくれないんだろう?
と思うことがあったら、
意見ではなく質問から入って、
現状を確認してみてください。

すると、自分の想像している状況ではなく、
現状がわかり、
それなら、協力しようということにもなるかもしれません。

お互いがお互いの状況を知らないまま
批判をしあっていることこそ、
利用者にとっては、不幸です。

お互いが相容れない状況になっているのであれば、
まずは知ることです。

知れば、
策を練ることができます。
手が打てます。

相手とわかり合うために、
相手に、一歩近づくために、
勇気を出して質問をしてみませんか?

最新セミナー情報 等

--------

【大阪】自閉症の方のパニックをゼロにする12の方法

--------

【日時】
2017年11月23日(木・祝日)
14時00分から17時30分

【場所】
新大阪丸ビル別館貸し会議室 4階4-3号室
(大阪市東淀川区東中島1-18-22 丸ビル別館)新大阪駅より徒歩2分

【定員】
先着90名様まで

【内容】
自閉症の方のパニックをゼロにする12の方法
事例検討会(パニックでお困り事例の解決の仕方を学びます)

【会費】
当日支払:5000円
事前振り込み価格:4500円

詳しい内容・お申し込みは、こちらから!
http://www.kokuchpro.com/event/panic1123/

***************

お役に立てたら、ランキングをクリック!
よろしくお願いします!


障がい者 ブログランキングへ

コメントを残す