仕事ができない同僚がいて困る場合



なんで、こうやってくれないんだろう?
なんで、ここまでできないんだろう?
もっとうまくやれないのかな?
もう少しスピード出せないのかな?

私たちは、そういう尺度で、
人がやっていることを
評価していることが多くあり、
イライラしていますよね?

だって遅いんだもん!
だって、あんなことする人います?

と、また苦情が聞こえてきそうです。

そもそも、
あなたのその尺度は、
あなた特有のものだということに
気づいていましたか?

相手も同じようにできるかというと、
それは、できないと思っていた方がいいのです。

その人に対し、自分と同じくらいのことができると
期待をしているから、
期待したことができない分、
怒りたくなるのですよね?

あなたが自ら期待して、
その期待通りのことをしてくれないことに
イライラするよりも、
期待しないでおいたほうが、
もしかして、のんびり構えられて、
思った以上の効果を
目の当たりにするかもしれません。

具体的に言うと、
自分が10分でできる仕事を、
相手は20分くらいかかるだろうなと最初から、
多めに見積もっておきます。
そんな時に15分で出来上がってくれれば、
評価は高くなりますよね?

だから、自分と同じくらいの仕事を望まないことなんです。
あなたがその人より、できすぎる人だからです。

自分の「ふつう」と、相手の「ふつう」は違います。
自分の「常識」と、相手の「常識」も違います。

自分の「ふつう」や「常識」を相手にあてはめて、
期待しすぎることが、
相手もあなたも苦しめている結果になるのです。

その人は、あなたと同じことができなくて当たり前と考えておけば、
期待しない分、裏切られることもなく、
この人はこれくらいなんだと、予測もでき、
全体の計画も立てられるわけです。

その人も段々育っていきます。
最初から目標を高くしすぎないことです。
おおらかに、その人の持つ力を
認めましょう。

できなくて当たり前。
過度な期待はしないほうがいい。
そんなふうに思うことで、
ストレスから自分を解放しましょうね!