「やりたい」よりも「やりたくない」を引き出せるか?



○○をします。
○○したいです。

そんな言葉が並んで、
支援者もその言葉にあることを実現するために、
サービス等につなげようとする。

でも、実際につなげてみるけど、
続かない。

すると、続かない理由を言い、
△△があるから、できないんだとなり、
他なら大丈夫かもしれないと言い出す。

ご本人も積極的に動き、
それに対して支援者も動く。

就職したいんです。
みんなと一緒に居たいんです。
施設に行きたいんです。
働きたいんです。
お金ほしいんです。

そういう言葉を並べることが
あたりまえ。

そして、また、
△△の理由があるからと、
自分以外に理由をつけて、
私はやる気もあるし、
がんばっているのにできない・・・
と支援者に印象づける。

支援者が見抜けないと、
実現させたい気持ちが強く、
支援が終わらない。

こっちなら大丈夫?
もっといいのを見つけるからね!と・・・

さて、支援者のみなさん。

主訴とニーズは違うことも多いのです。
この言葉の裏に隠された本人像。

本当に、それをしたくて言っているのか、
違う理由があって、
○○したいといっているのか。

こういう続かない人に、
「したくないこと」を
聞いたことがありますか?

がんばっている自分を
見せたいようですが、
「○○したくない」は、
聞こえてきますか?

「○○したくない」といえば、
自分はダメな人と思われるのではないか?と、
その人は考えていませんか?

がんばっている自分でなければならないと
考えていると、
がんばる自分しか
見せられないようです。

そこに、惑わされ、
引きづり込まれていませんか?

がんばらなくてもよいのです。
○○は嫌といってもよいのです。

本当は○○したくないといえる人となれるよう、
その人を支援をしてみたことはありますか?

私たちは、
常識で物事を考えてはいけないですし、
知的障害がある人は、
「**しなければならない」とも
考えなくてよいですよね?

その人の人生、
その人らしく、
リラックスモードで、
生きていただくためには、
「嫌」
「やりたくない」
という気持ちも
持って良いことも
伝えていきませんか?

その人は、
「嫌」とか、
「やりたくない」とか、
言ってはいけないと
思っているかもしれないのです。

やる気を見せなければならないと
思っているかもしれないのです。

その人自身が、
続かないことを、
あれこれ続けようとして、
「良い子」を演じているには、
何か理由があることでしょう。

そこを見抜くには、
サービスを用意するのではなく、
その人に質問をしていき、
その人が自分で、
「自分はこういう人間なんだし、
それでいいのだ」と
答えを出せるようにすることが
本当に必要な支援かもしれません。

あなたが目の前に出される、
やる気充分の言葉(主訴)に翻弄されず、
その人の本質(ニーズ)をつかみ、
「それでいいんだよ」と
言うことができる
支援者となりましょう。

最新セミナー情報 等

--------

現在、公開セミナー情報はありません

--------

 

 

***************

お役に立てたら、ランキングをぽちっと!
よろしくお願いします!


障がい者 ブログランキングへ

コメントを残す