支援をどこまでやるべきですか?と質問をされたなら



「どこまで支援すればいいのですか?」

このような質問は、よく聞きます。

だいたいが、支援したくない時に
放たれる言葉のように見受けられます。

ここまでやってるのに、
まだやらなきゃならないの?
というイメージでしょうか?

でも、この言葉自体に
良い支援者のイメージにはなりませんね。

福祉サービスの
担い手として、
ここまでと決めることの縦割り感が
否めないからです。

法律は最低限のことを決めただけですし、
事業所を利用している方が、
必要としていても、
現存のサービスがないのであれば、
通常の支援以上のことを
支援をしたとしても、
おとがめがあるわけでもないからです。

ですから、
やれるのであれば、
彼らに必要な支援を
していくことはできます。

これが結論です。

さて、
この職員の言葉をその言葉通りに解釈すれば、
上記に書いたようなことが答えです。

でも、そこでとどめてはならないのが、
管理職です。

この言葉を放った職員は、
今の仕事にさえ、
何でこんなことをしなければならないの?
こんなにも、一生懸命やってるのに!
という感覚なのではないでしょうか?

ようするに、
自分の仕事の仕方に、
満足していません。

この満足していない状態の上に、
もっとやらなければならないのだろうか?
という案件が入ってきたために、
投げやりになっている状態に
見受けられるのです。

ですから、杓子定規に、
その職員からの質問に、
真正面から回答するだけでは、
解決になりません。

あなたは管理職として、
その職員の
困っているところを
確認していますか?

何かに困っているから、
今以上の仕事を求められても
できないということなのだと思われます。

現場を職員だけに
任せていてはいけません。
職員がどんな支援をし、
どんなことに困っているのかを
なるべく早く、
キャッチすることです。

そして、管理職として、
その職員に何をすれば、
その困っている部分が
解決するかを探り、
対話をしてみてください。

調整が必要かもしれません。
新しいスキルの獲得かもしれません。
職員の愚痴を聞くだけかもしれません。
なにか、うまく行っていない
歯車がありそうです。

あなたが、ただその職員の表面的な
質問だけをとらえるのではなく、
その質問の裏を読むことです。

何でそんな質問をしたのか?
と、考えることです。

あなたから、現場に一歩近づきましょう。
そして、あなたから職員のニーズも
捉えましょう。

職員の持つ課題が解決すれば、
利用者の新たなニーズの支援も
できるようになっていくはずです。

最新セミナー情報 等

--------

【大阪】自閉症の方のパニックをゼロにする12の方法

--------

【日時】
2017年11月23日(木・祝日)
14時00分から17時30分

【場所】
新大阪丸ビル別館貸し会議室 4階4-3号室
(大阪市東淀川区東中島1-18-22 丸ビル別館)新大阪駅より徒歩2分

【定員】
先着90名様まで

【内容】
自閉症の方のパニックをゼロにする12の方法
事例検討会(パニックでお困り事例の解決の仕方を学びます)

【会費】
当日支払:5000円
事前振り込み価格:4500円

詳しい内容・お申し込みは、こちらから!
http://www.kokuchpro.com/event/panic1123/

***************

お役に立てたら、ランキングをクリック!
よろしくお願いします!


障がい者 ブログランキングへ

コメントを残す