意思確認できない人への支援



「重度だから、意思確認ができない」
というくだり。

日々の活動中でも、
重度の人に対する支援というのは、
悩むと思います。

無表情に近い方は、
良いのか悪いのか、
本当に悩むところですよね。

特に、個別支援計画になると、
ご本人の意思を確認しないといけないものですから、
大きな壁となるのでしょう。

言葉がない知的障害の人はたくさんいます。
その方たちだって、
何らかの意思を表現していますよね?
でも、はっきりと、
「あなたの支援は、私にとって正しいよ」と
言ってくださらないわけですから、
不安になるのでしょうね。

ただ、どうも、こういうことを聞くと、
中には、相手が重度だから意思確認できないから、
私は支援ができないんです!と、
相手に理由を擦り付けている
支援者もいて、
残念でもあります。

私たちは、相手の意思が
確認できない人にでも
支援はするべきですし、
言葉を持つ人だって、
本心を語ってるかというと、
そうでもないことが、たくさんあります。

また、知っている世界が少なすぎて、
自己決定も
ご自身の世界の中だけでする場合もあり、
それは、私たちが持つ情報を
彼らの最初の意思に反して、
提示するべき時が多々あります。

つまりは、相手がお話しをしてもしなくても、
支援をするべきだし、
情報が少ない中で決める方であれば、
違う情報を入れることは、
必要な場合もありますし、
一概に、すべての意思確認がされるようなことだけが、
支援ではないと思うのです。

もちろん、意思確認は重要ですよ。
その原則はありますよ!

でも、結局のところ、
トライ&エラーで、
私たちから、提案をして、
やっていただいて、
拒否感や、困難さなどを
こちらで把握して、もしだめなら、
他の方法で支援をしていく
ということなのです。

その人が自分の力で、
自分の人生を切り開けないことが多いために
私たちが支援をしていると思えば、
最初から意思表示を当てにせず、
思いっきり、その方の人生を考え、
最良の支援を生み出すと思いつつ、
支援をしてみることだと思うのです。

もちろん、意思が確認できないとは言っても、
お一人お一人違いますから、
やっぱり日々の彼らの表情などで
意思表示につながると思われることを
充分につかむことです。

意思表示は、大事なことです。
でも、意思表示ができない人もいます。
そういう人たちにも支援をするのが私たちです。

改めて、支援を自分の中に位置づけましょう。
そして、正解が見えなくても一歩踏み出す力を持ちましょう。

最新セミナー情報 等

――――――――――
現在はありません
――――――――――

***************

お役に立てましたら、
ランキングをクリック!
よろしくお願いします!


障がい者 ブログランキングへ

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください