待つことができますか?


知的障害がある方が、
何かをしようとしたときに、
何をするのか、
自分の言動をはさまず、
最後まで見て、待つことはできますか?

見守り的に。

支援者が、待てずに、
こう考えているのではないか?とか、
こういう方法がいいのではないか?とか、
どうしても先回りして
考えてしまう傾向が強くないですか?

例えば、施設から急に出て行ってしまった場合、
その時点で、何をしているのか?と思い、
施設の中に入るように言ってしまったら、
その利用者が、何かの目的で、
外に出ようとしていたのに、
自分でしようとしていたことができずに
施設に戻ることになります。

つまり、支援者は、
その意味を理解することが
できないことになります。

何も考えずに
外に行くことはないと思いますし、
もしかしたら
重大なことだったかもしれないのに、
支援者が中断をさせたことになります。

彼らのことを今以上にわかりたいのであれば、
あなたの考えを前面に出すのを
少し待って欲しいと思うのです。

彼らもいろいろなことを考え、
自分なりに何かをしようとしています。

何をしようとしたのか、
そこをまず知っていくことで、
その内容に適切な
支援をしたいものです。

と言うことは、先回りして、
支援者が何かのアクションをしてしまったら、
支援方法は、間違ったものになる可能性もあります。

知的障害がある方の行動を
まず知り、
どこに支援が必要かを探った上で、
支援をするべきなのです。

待つと言うことは、
彼らは悪い行動をしようとしているわけではないと
信じることです。

彼らを信じ、
彼らのしようとしていることを見て、
SOSや支援の要求を促し、
実際にSOSが出たら、
支援を開始します。

簡単に手や口を出してはいけません。
彼らができることは、
ご自身でやっていただきたいと思いますから。

支援というのは、なんでも、簡単に
こっちの思いでやってしまう事ではなく、
まずは、彼らの気持ちや行動の発信を確認し、
SOSを待つことから、
始まります。

もちろんSOSを出しやすくすることも必要です。

待つということは、
なかなか簡単にできることではないかもしれませんが、
重要な支援スキルの一つです。

口を出し過ぎたり、
行動を事前にとめてしまっているような場合は、
「待つ」を意識してみて、
彼らの行動を少し見守ってくださいね。