知的障害:借金が作られる


名前が書ける。
住所が書ける。
職場(施設)が書ける。
健康保険証を持っている。
それなりの受け答えができると、
自分で銀行に行き銀行口座を開設したり、
お店でクレジットカードの取引を開始できます。

施設に電話がかかってきたこともあります。
「そちらにお勤めの○○さんはいらっしゃいますか?」

カード自体を持つことは何も問題ではありません。
使い方の中で、問題が起きることがあります。

どうも、キャッシュカード・クレジットカードは、
お金がなくても物が買えるという認識の人もいるようです。
それはそうですよね。
買い物をした時にはお金が不要なのですから。

だから、使いたがりますし、
あとで多額な請求が来ても、意味がわからないので、
払えない人もいます。

実際に就職していると、
カードを作り、リボ払いで払っているので、
借金が溜まって行くことに痛さを感じず、
どんどんカードで買い物をしてしまう人もいますね。

お金の使い方は、もともとうまくない人が多いので、
後になって多額のカードローンが発見されることもあり、
仕組みをきちんと説明すると、
どうしたらいいのかと相談してくる方もいます。

カードを使ってはダメと言うことではないのです。
使い方を教えていくべきでしょうね。
でも、持っていれば使いたくなってしまうので、
ご本人からのご依頼で、
カード会社に連絡をして、
カードの支払いはするとしても
カードの使用自体を止めた方もいます。

カードを持っていること自体を
支援者が知らないケースもあると思います。

また、カードではありませんが、
家賃などの支払いができない方もいます。
光熱水費や電話代も請求が来ても払わず滞納して、
電気など滞納することで止められてあわてる方もいます。

物を無くすことがよくあると、
請求書もどこかにやってしまい、
まさか!という状態になることもあります。

借金を抱える知的障害者の世界は、
日中活動支援の施設では、
わかりにくいと思いますが、
こういう世界もあるのです。

借金を返していくことや
お金の使い方にまつわる支援も
あることは知っておくといいと思います。

ご家族として、このブログをお読みであれば、
金銭にまつわるお話をしておくことも大事ですし、
支払いの経験をさせることも大事ですね。
これも自立につながる一歩です。