好きなものを選ぶとは限らない


「あなたのことは、私が一番よくわかってる!」

という気持ちは、
悪気があって出てくるものでは
ないと思います。

尽くしているというか、
親身になっているというか、
長年のお付き合いだからとか、
そんな感覚なのだと思います。

もしかしたらこの気持ちは、
親御さんに多いかもしれませんね。

でも、その感覚は、
時に相手の本当の気持ちを
表出させることを
阻害するものなのです。

知っているつもりになって、
なんでも、その人のことを決めてしまっている。

例えば、何を食べようかな?と、
レストランの前で悩んでいた時に、
「○○さんは、ナポリタン好きだよね?」
みたいなことを言われてしまっては、
「じゃ、ナポリタンにするか」
と、その人の言うとおりにすることも
あるのです。

よかれと思った一言が、
相手にとって、
自分の今日の感情を出す機会を
逸する結果になろうとは、
思ってもいないと思います。

だって、親切で言っているだけ。
決められないのかなと思って、
言っているだけですから。

そこに何も悪戯がないので、
自分自身も気づかないのです。

これは、下手をすると、
精神的苦痛を
与えかねません。
そして、
人権侵害や虐待につながることにもなるのです。

本当にその人に、
自分の「知っている」ことを
押し付けていいのでしょうか?

待つことはできますか?

その方が、ことばなり、表現をすることを、
待つことです。

たとえ、大好きなナポリタンでも、
今日は食べたくないという日があります。

いくら仕事が大好きでも、
今日はやりたくないという日もあります。

毎週お出かけしていても、
行きたくない日があるかもしれません。

好きなことでも、いつもそれを選ぶとは限りません。
ご自身で表現できることを
待ってみませんか?
そして、その日の気分を聞き出してみませんか?